2×4工法

地震・耐火・台風に強い
2×4工法

2×4工法の住まいは、面と面で家全体を支える枠組壁工法。地震・台風などの外圧を壁全体で分散し、在来工法に比べ約2.5倍という高い構造耐力を発揮します。耐震性に加え、着火しにくい資材を使用し、耐火性にも優れた住宅建築を行います。

3 FEATURES2×4工法の特徴

FEATURE 01耐震性

2×4工法の住まいは、面と面で家全体を支える枠組工法。地震・台風などの外圧を壁全体で分散し、在来工法に比べ約2.5倍という高い構造耐力を発揮します。2×4工法専用の釘、金物で各部を緊結。躯体構造を一体化し、2×4工法ならではの頑強な6面体構造を造り上げます。

FEATURE 02耐火性

木は鉄より火に強いことをご存知でしょうか。木は、火にあぶられても表面が炭火層となって火の進行を抑えます。また、壁や天井などを覆う石膏ボードは、全体積の約20%が結晶水で形成されています。結晶水は火に触れると水蒸気を発生し、建物本体へ着火しにくい効果をもっています。さらに、機密性に優れた壁構造ですので、発火時の火の回りを大幅に遅らせる延焼防止効果を発揮します。

FEATURE 03遮音性・断熱性・気密性

壁構造ならではの高い機密性を持つ2×4工法の住まい。この機密性が、プライバシーを守る遮音性に繋がっています。熱損失を大幅に抑える断熱材の使用と、2×4工法による建物自体の気密構造が優れた断熱性を発揮します。そのため、効率の良い省エネルギー効果も得られます。

OTHER CONTENTS他のコンテンツも見る

規制地・狭小地・変形地を専門で手掛けて36年。耐震2×4工法で自社大工が1棟1棟丁寧に仕上げます。防火地域の3階建て、車庫付き、広さを感じれるリビング、明るく風が抜ける採光設計、ライフスタイルに合わせた家事導線をご提案いたします。またルーフバルコニーや地下室を設けることでさらに生活が豊かになります。また、2×4工法の住まいは、面と面で家全体を支える枠組壁エ法。地震·台風などの外圧を壁全体で分散し、在来工法に比べ約2.5倍という高い構造耐力を発揮します。 耐震性に加え、 着火しにくい資材を使用し、耐火性にも優れた住宅建築を行います。東京・埼玉・千葉の新築・注文住宅・狭小住宅の家づくりならYKホームへ。