設計基準・標準仕様

「あんしん」して住める家を追求

あんしんして住める家をつくりたい。けれど、何が「あんしん」なのかは、住む方によって違います。
地震、台風、火事、湿気やシロアリ、アレルギー。家に求める安全性は多種多様といえます。
YKホームは、あらゆる面から「安全性」と向き合い、工法・構造・資材・設備すべてにこだわりました。

設計基準・標準仕様

設計・資材から
未来を考えた家づくり
地盤調査・改良をはじめとして、壁量や荷重を計算し設計を行う
構造計算・基礎工事に使用する資材や工法を工夫することで、建物の耐久性・耐震性を強化しています。

FEATURE 01構造計算(耐震性)

YKホームではすべての物件で構造設計を実施しております。 建物のバランスや壁量、荷重等を計算し安心のある住まいを提案します。
また、キソパッキンロング工法で換気性・耐震性を向上。基礎の高さは地盤から40㎝以上とし、一般住宅に比べ大幅に強度を向上。また換気性・耐震性に優れたキソパッキンロング工法を採用し耐久性を高めています。

FEATURE 02地盤調査・地盤改良

弊社では全ての物件で地盤調査を実施。
調査結果に基づき適切な地盤改良を実施しております。

FEATURE 03ベタ基礎

基礎は鉄筋コンクリートベタ基礎。優れた耐久性を持つとともに、防湿コンクリートが地面 からの湿気の侵入を防ぎます。

防腐・換気・防水を強化、
気候・環境に負けない家
日本の湿度・雨量の中でも、長くお使い頂くために、
あらゆる工夫を加え、通気・換気・防水・防腐対策を行っています。

FEATURE 01外壁通気工法

構造体と外壁材の間に『通気層』という空気が流れる層をつくり、その最下部から空気を取り入れ温度差や気圧差などの流通により軒裏や棟換気から空気を排出します。
また、サイディングの下に透湿防水シートを貼り、壁内の湿気を空気層に放出。壁内結露を防止し、壁内を乾燥させる仕組みになっています。

FEATURE 02省エネを実現する独自の断熱構造

現場発泡吹付の硬質ウレタンが柱やコンセント・スイッチ周りに隙間なく充填されるため、断熱と気密が一緒に取れます。これを2×4工法と組み合わせる事で上下階の振動や音、家の外部の音、内部の音について高い遮音性を有した高気密住宅が実現できます。

FEATURE 03バルコニー金属防水

バルコニーには耐水性に優れたスカイプロムナードを使用。雨水の侵入を確実に防ぎ、住まいを長持ちさせます。

FEATURE 0424時間換気システム

24時間換気システムとは室内の空気を計画的入れ替え、常に新鮮な空気を維持するためのシステムです。
弊社では第3種換気システムを採用、自然吸気と機械排気により2時間に1回室内の空気を入れ替えます。

FEATURE 05防腐・防蟻処理

白アリを寄せつけない防腐・防蟻処理地面から1mの高さまで木部の薬剤塗布処理をし、防腐・防蟻に万全を施しています。

FEATURE 06省エネルギー性

全室ペアガラスを採用。居室にはLow-Eガラスを採用しております。2×4工法と合わせることにより高気密高断熱の家を実現。省エネ等級は最高等級の4を標準採用しております。

OTHER CONTENTS他のコンテンツも見る

規制地・狭小地・変形地を専門で手掛けて36年。耐震2×4工法で自社大工が1棟1棟丁寧に仕上げます。防火地域の3階建て、車庫付き、広さを感じれるリビング、明るく風が抜ける採光設計、ライフスタイルに合わせた家事導線をご提案いたします。またルーフバルコニーや地下室を設けることでさらに生活が豊かになります。また、2×4工法の住まいは、面と面で家全体を支える枠組壁エ法。地震·台風などの外圧を壁全体で分散し、在来工法に比べ約2.5倍という高い構造耐力を発揮します。 耐震性に加え、 着火しにくい資材を使用し、耐火性にも優れた住宅建築を行います。東京・埼玉・千葉の新築・注文住宅・狭小住宅の家づくりならYKホームへ。